犬の十戒

 
言葉を喋れない、犬と私達との約束です。十戒めという言葉がついていますが、犬を飼う時に覚えて欲しい犬からの御願いという物です.
 
ネット上で広がった作者不明の詩ですが、とても優しく、温かく、明確に犬の気持ちを私達に伝えてくれます。
元々あった原文は、それぞれの和訳により少しづつ違う様ですが言いたい事は皆一緒です。英文を自分なりに和訳して解釈しても良いと思います。「犬の」と言われていますが実際はどのペットにでも当てはまる物だと思いますので、これを見てあなたとペットとの関係を見直して下さればと思います。すべての命が幸せに生きて行ける事を願っています。
 

あなたと私のお約束

 
1. My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.
 
私の一生は10〜15年くらいしかありません。ほんのわずかな時間でも貴方と離れている事は辛いのです。 私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。
 
2. Give me time to understand what you want of me.
 
私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。
 
3. Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.
 
私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。
 
4. Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment.You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.
 
私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。でも...私には貴方だけしかいないのです。
 
5. Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words,I understand your voice when its speaking to me.
 
時には私に話しかけて下さい たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で理解しています。
 
6. Be aware that however you treat me, I'll never forget it.
 
貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。
 
7. Remember before you hit me that I have teeth that could easilycrush the bones of your hand but that I choose not to bite you.
 
私を叩く前に思い出して下さい。私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど私は貴方を噛まないように決めている事を。
 
8. Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me.Perhaps I'm not getting the right food,or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.
 
言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと貴方自身に問い掛けてみて下さい。 適切な食餌をあげなかったのでは?日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?
 
9. Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.
 
私が年をとってもどうか世話をして下さい 貴方も同じように年をとるのです。
 
10. Go with me on difficult journeys. Never say, I can't bear to watch it, or, Let it happen in my absence.Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.
 
最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい 「見ているのが辛いから」とか 「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。そして.......どうか忘れないで下さい。私が貴方を愛していることを。
 

ペット情報局からのお願い

ペットと暮らしてゆく事を決意した日からの気持ちを忘れずに、責任を持ってあなたの家族と一緒に居てあげて下さい。
悲しい時、あなたの家族はいつも側に居る事を忘れないで下さい。
楽しい時、あなたの家族は一緒に楽しみを分かち合うでしょう。
いつまでもいつまでも、あなたとあなたの家族が幸せである様に。