手作り食コラム 

 

手作り食コラム
料理時間
20分
料理簡単度
簡単度評価

今回の生食は、お肉とお魚を混ぜたメニューです。
生食に慣れていないワンちゃんは、生魚だけですとお腹をこわすことがありますので、
少なめの量をお肉と混ぜることからはじめてみましょう。

ペットフード手作り

 

食材

材料 (2 食分/5 kg の犬・1 日分)

牛肉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 80〜100g
さより(刺身用) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 20〜30g
野菜類(大根、水菜、レッドパプリカ、紫キャベツ、シソ、ブロッコリースプラウト) ・・・・・・・・・・・・ 38〜45g
生湯葉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 20〜30g
うずらの卵(卵黄) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2個
肝油 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 少々
ビタミンE ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 少々


作り方

1.牛肉、生魚は食べやすい大きさに切る。
2.野菜類は細かく刻む。
3.生湯葉も細かく刻む。
4.1〜3までの食材すべてとビタミンE、肝油を混ぜ合わせて出来上がり。
※混ぜる前の食材を写真でチェック!

 

アドバイス
生魚は季節のさよりを使いましたが、真鯛や鮭などの刺身でも構いません。
野菜類はミックスサラダを使うと便利です。(ねぎ類の入っていないもの)
湯葉のかわりに豆腐や納豆を使っても構いません。
動物性たんぱく質を主にする食事では、オメガ6は十分に採れますが、オメガ3が不足しがちです。
オイルでオメガ3を補う場合は、アマニオイル(非活性脂肪酸)や肝油(活性脂肪酸)が適しています。ただし、若くて健康な犬は非活性脂肪酸で構いませんが、老犬や問題のある犬は活性脂肪酸のほうが、体に負担がかかりません。
オメガ3は、緑葉野菜にも含まれています。
野菜を細かく刻むことで、その食材が持つ酵素を引き出すことができるので、なるべく細かくしてください。

イタリアングレイハウンドのルーチェを家に迎えたその日から手作り食で育てている。
ペット栄養管理士の他、ドッグアドバイザー、愛玩動物救命士、2級ターミナルケアリストを取得し、フォトグラファーとしても活躍中。
>>Hocci&Co.,Ltd

 
 
 
手作り食コラムリスト
 
 

関東エリアのペットショップ関東エリアのペットトリマー関東エリアのペットカフェ

リンク先:ホリスティックケア・カウンセラー養成講座