手作り食コラム 

 

 

第10回『手羽スープ』

コラーゲンたっぷり!乾燥肌に効果大!
冬、室内飼いのワンちゃんは暖房でのどが渇き、意外と水分不足になりがち。今回紹介する手羽スープはコラーゲンたっぷりなので、北風で乾燥しがちな皮膚にも効果大。この冬は、潤いながら元気に乗り越えてもらいましょう。

食材

材料 (2 食分/5 kg の犬・1 日分)
鶏手羽元 4〜6本
鶏レバー 15〜20g
玄米もしくは五穀米(炊いたもの) 肉量の見た目3分の1 程度
もやし、セロリ、ベビーリーフなどの葉野菜、パセリなど少量

作り方

1 手羽元は軽く表面を焼いたら、かぶるぐらいの水を入れ、骨から肉が簡単に取れるように15〜20分煮込む。(圧力鍋だと10分ぐらい)
2 1の手羽元はスープからだして、骨から肉をはずしておく。
3 レバーは別の鍋でゆでる。
4 ゆでたレバーと穀類、葉野菜をフードプロセッサーでペースト状にする。
5 スープに細かく切ったもやしとセロリを入れて、煮立ったら4のペーストを入れて、軽く混ぜる。
6 2の肉にさめた5をかけ、きざみパセリを散らして出来上がり。

アドバイス

鶏の骨は、火を通すとタテに割れて危険です。加熱した鶏の骨は与えないようにしてください。
骨付き生肉を試してみたい方は、手羽先の柔らかい部分を叩いて骨を砕いたものから始めるといいでしょう。その際も加熱は避けて、熱いスープに生の手羽先を入れ、表面が白くなったら一度取り出し、スープが冷めたら一緒に与えてください。
セロリと同じように利尿作用のある冬瓜やごぼうをいれたり、体を温め消化を助ける生姜を少量すりおろして入れてもいいでしょう。
レバーにはビタミンAが豊富に含まれていますが、採りすぎには注意が必要です。

コラムニスト
真壁 律江
イタリアングレイハウンドのルーチェを家に迎えたその日から手作り食で育てている。
ペット栄養管理士の他、ドッグアドバイザー、愛玩動物救命士、2級ターミナルケアリストを取得し、フォトグラファーとしても活躍中。
>>Pet Studio Hocci  

 
 
 
手作り食コラムリスト
 
 

関東エリアのペットショップ関東エリアのペットトリマー関東エリアのペットカフェ

リンク先:ホリスティックケア・カウンセラー養成講座