手作りリメイク

 

手作り食コラム


今回は使わなくなった傘を使って、急に降ってきた雨にパッとはおるケープタイプのレインウエアの作り方をご紹介します。コンパクトにたためるので、1枚持っているとパッと着せられますので、作ってみてくださいね。(裏地はなくても構いません。)雨の日でも快適にお散歩を楽しめるレインウェアで、これからの季節に大活躍です!

材料
折り畳み傘
ファスナーテープ(マジックテープ)


大型犬には、1本の傘では足りないかも知れませんので、違う傘で柄を切り替えてもかわいいですよ!


作り方

型紙をとるため、首まわり・背丈・胴まわりが必要になりますので、ワンちゃんのサイズを測る。

サイズを測ったら型紙を作りますが、背丈はしっぽにかからないように2〜3cm短くします。背丈が決まったら、背丈の中心あたりを(胴まわり÷3×2)の幅になるようにし、さらにケープなので少し長くしたいので、全体で5〜6cm足します。
首まわりは、3〜4cm長くして重なるようにします。

型紙ができたら、傘の骨からはずした傘の布にあてて裁断します。

裏にネット状の布を合わせると滑らないので、通気性もよく蒸れません。今回は、前回スリングに使用したレースカーテンのあまりを使って裏地にしました。

裏表にしてミシンで縫い、ひっくり返しててステッチをかけたら、首のあわせ部分にファスナーテープをつけます。

おなか部分には、犬の胸に合わせてやや幅広のベルトを作り、ケープの下になるようにファスナーテープをつけます。ファスナーテープをつけるときの注意は、犬の毛がハード面のファスナーテープで毛が絡まないようにしたいので、犬の毛に向かって張り合わせる面にはソフト面を張り、受ける面にはハード面をつけます。

試着!
ルーチェは、雨の日はレインウエアだけでは寒いので、本当は下にTシャツを着たい気分です・・・急な雨には便利だネ、でも雨の日は散歩しなくていいんですけどぉ…by軟弱Luce

 

ペット栄養管理士の他、ドッグアドバイザー、愛玩動物救命士、サプリメントアドバイザーの資格を生かし、しつけ教室や犬の手作り食教室など講師として活躍中。以前Web Shopで手作り服販売をしていたこともあり、愛犬ルーチェには手作り服を着せています。
>>Hocci&Co.,Ltd

 
 
 
手作りリメイク
 
関東エリアのペットショップ 関東エリアのペットトリマー 関東エリアのペットカフェ
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』