ペット情報

 
効果的な犬のしつけ方法  
効果的な犬のしつけ方法

ダメ
見ないふりをしないで、その場で厳しく叱る。
しつけの一番基本的なルールです。 顔を手で隠して「ダメ」と声を掛ける → 鼻先をぱたっと軽く叩いて「ダメだよ」と強く言う → それでも聞き分けがない時は 「ダメダメ」とお尻をたたく。
正しいか悪いかの判断を身体で覚えさせる事が大切です。あくまでも優しさを持って行わなければならないという点を忘れてはいけません。

おすわり
食事の時などのしつけ。 待つ姿勢と飼い主への服従心の次に期待を持つようにする。指や食べ物などを持って犬の視線のちょっと上にかざし「おすわり!」→座れば誉めてあげる。
飼い主の声で座らない場合、右手でリードを上で引っぱって左手で犬の尻を押しながら強く座るように促す。

まて
飼い主への服従心を一番高めるしつけです。
犬との主従関係を確立する為に非常に重要なポイントです。 座った姿勢で「まて!」と声を掛けながら手のひらを犬に向けて少しずつ後に下がる。 → 犬が動こうとすれば鼻先を 軽く叩く → それを何回か繰り返しながら犬の目を見て少しずつ距離を置く。
→ 動かないでじっとしていれば 「よし, よし」と充分に誉めてあげましょう。

おいで
これは絶対服従のしつけです。飼い主の掛け声ひとつで反射的に来るようにしつけます。
「おすわり!」「まて!」を言い付けた後に、少し離れた場所から大きい声で 「おいで!」と声を掛ける → '来ない場合は犬に向かってしゃがんだ姿勢になったり、リードを軽く引いて 「おいで!」と声を掛ける → ちゃんと近寄って来た時は誉めてあげましょう。リードなしでも声だけで来るようになるまで繰り返しましょう。

ふせ
待つ姿勢の一つです。
自分の身を守る為の相手への威嚇やケンカをする姿勢でもあるため、長い時間この姿勢を取らせない方が良いです。 手を犬の頭より下にして、下がりながらリードを強く引いて 'ふせ!' → 犬が抵抗する様であれば犬を後から抱えこむようにして前足を前に突き出すようにしながら 'ふせ!' → 上手に出来れば 'ヨシヨシ' しながら誉めてあげる。
この姿勢は一度では覚えることができないので粘り強く何度も繰り返し練習するようにしましょう。

付いておいで
散歩などで一緒に歩く為のトレーニング!! 人の左側に付いて来るようにすることが犬と一緒に歩く時の基本です。それだけで犬も安心します。リードを短く取って「付いておいで」 → 最初はあなたが少し先に歩く感じで 'おいで'と声を掛けてリードを強く引く。何回か繰り返してちゃんと出来れば歩きながら誉めてあげる。

ハウス
お部屋の中で飼っている犬はしつけに注意しやすいが、その分はっきりとしつけしなければならない。犬小屋の前まで連れて行って 'ハウス'と言いながら中に入れる。 → すぐに小屋から出ようとする場合も 'まて'と声を掛けて小屋の中にいさせるようにする。
→ ちゃんと待つようになれば誉めてあげて犬小屋にいる時間を長くするようにするとよいでしょう。

関東エリアのペットしつけ関東エリアのペットショップ

以前ページに移動一覧へ戻る
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』