ペット情報

 
美しい ‘お別れ’のための練習  
美しい‘お別れ’のための練習

犬の寿命はたいてい13〜15年位ですが,これより早くても遅れても育てた犬の死を迎えることは避けることができないものです。その悲しみは計り知れないと思います。それでも悲しんでばかりいることは良くない事です。犬と一緒に過ごした楽しかった時間を思い出しながら、ちゃんと天国に行けるようにお別れをしなければなりません。

それについてどうしたら良いのか悩んでいる飼い主がやや多いのです。ペットとのお別れのときはペットロス専門店に連絡して頼むことも方法です。

高齢犬は病気にかかる確率も高くて何年間も闘病をしてから死ぬ場合があります。面倒を見る事もできなくて, それに保険扱いにならない治療費まで加われば犬との共同生活が
金銭的にも負担になる場合もあります。

犬の安楽死と言う選択肢を最終的に決めることも飼い主の役目です。 犬を安楽死させる時には痲酔剤をたくさん使って眠らせるので、苦痛なしに楽に死を迎えることが出来ます。 したがって犬が長期間激しく病気で苦しむ様な状況なら, その苦痛から解放させてあげることも重要な選択です。医師と充分に相談して愼重に考えて, 最善の方法を選ぶと良いでしょう。

関東エリアのペットロス専門店関東エリアの動物病院

以前ページに移動一覧へ戻る