ペット情報

 
ネギ、タマネギ、ニラ、ニンニクの類|カカオ(チョコレート・ココア)|カフェイン(コーヒー・紅茶)|ジャガイモ(芽・表皮)|生の豚肉|魚介類(エビ、カニ、イカ、タコ、貝類)|鳥、魚などの硬い骨|生卵の白身|人間用に調味した食べ物すべて|塩分|糖分|香辛料|加工した穀物類|有毒植物(部屋で離して遊ぶ時)|人の唾液|アルコール

ネギ、タマネギ、ニラ、ニンニクの類

ネギ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドという成分によって赤血球が破壊され、溶血性貧血が引き起こされます。
中毒症状としては、下痢や嘔吐、血色素尿(紅茶のような色の尿)の排泄、黄疸、歯茎が白くなるなどの症状がみられます。
この成分は、加熱によっても破壊されず、スープや煮汁に溶け出すので、見かけ上これらの野菜が入っていなくても注意が必要です。

中毒量には、イヌ・ネコも個体差がありますが、体重1kgあたり15〜20gと言われています。
微量でも反応する子や多少食べても平気な子もいます。基本的には与えないに越した事はないでしょう。

カカオ(チョコレート・ココア)

カカオに含まれるテオブロミンという物質によって中毒症状を起こし、嘔吐・下痢・動悸・興奮・ふるえ・昏睡・けいれん・多尿などの症状が出ます。カフェインと似た構造をもちます。

カフェイン(コーヒー・紅茶)

鳥がカフェインを摂取すると、チョコレート(カカオ)と同じような症状が出ます。カフェインを含有する、紅茶やコーヒー、ココアなどは与えないようにしてください。

ジャガイモ(芽・表皮)

ソラニンというステロイドアルカロイドが含まれます。特に家庭菜園などの小型には含有量が多く注意が必要です。未成熟なトマトにも含有されます。

生の豚肉

生の豚肉には、トキソプラズマ原虫やアニサキスなどの寄生虫がいる可能性があります。加熱調理が必要です。

魚介類(エビ、カニ、イカ、タコ、貝類)

生の魚介類の内臓には、ビタミンB1を破壊するチアミナーゼという酵素が含まれている可能性があるため、ビタミンB1欠乏症になる恐れがあります。この酵素は熱によって破壊されるので、過熱してあれば問題ありません。しかし、このような食べ物は、加工していない場合、消化が悪いため、胃腸に負担がかかり下痢や嘔吐の原因になるので、与えないほうがよいでしょう。

鳥、魚などの硬い骨

骨が裂けた部分が尖って、内臓や消化器にささって傷つける場合があります。火を通していない生の状態なら、表面が滑らかで大丈夫なようです。火を通した魚の骨なども、注意した方がいいでしょう。

生卵の白身

卵白に含まれるアビジンという物質によってビオチン欠乏症になり、皮膚炎、食欲不振、疲労・脱毛といった症状が出ます。黄身をいっしょにあげれば、この症状は出ません。また加工されていれば問題ありません。

人間用に調味した食べ物すべて

塩分、糖分その他ペットには必要のない成分がたくさん含まれています。最後に辛いのはペットです。 欲しがってもあげないのが優しさです。

塩分

鳥は汗をほとんどかかないので、体内の塩分の調整ができません。ですので、人間用に調味した食べ物や、ポテトチップスなどの塩気のあるお菓子など塩分の高いものは与えないようにしてください。ミネラル分を補給するためにドッグフードに微量配合されている天然塩は問題ありません。

糖分

鳥はおかしやケーキなどの甘いものが大好きなので欲しがりますが、糖尿病や肥満の原因になりますので与えないようにしてください。人間用に調味した食べ物は与えないでください。

香辛料

鳥は香辛料が好きではありませんし、栄養的にも必要ありません。下痢をする可能性もありますし、胃を刺激し、肝臓や腎臓に悪影響を及ぼす可能性がありますので与えないようにしてください。

加工した穀物類

炊いたご飯、パン、うどんなど腐りやすい食材。そ嚢という食道が膨らんだ器官に食べた餌を一時的に貯めますが、そ嚢にはもともと細菌やカビが常在しているので腐りやすい食べ物が入ると細菌類が増殖してしまいそ嚢炎を引き起こします。

有毒植物(部屋で離して遊ぶ時)

アジサイ・アサガオ・オシロイバナ・カポック・ゴムノキ・ニチニチソウ・スイセン・スズラン・ポインセチア・ベンジャミン・ベゴニア・ヒヤシンス・セントポーリアなど

人の唾液

インコやオウムの場合習性がありますが、口移しで食べさせない事。人の唾液(人の口内には無数の細菌があります)で体調を崩す可能性があります。

アルコール

アルコール耐性が非常に弱く、酒の誤飲による死亡事故がおこる可能性があります。

 
<監修者プロフィール>
獣医師:増田忠司先生
東京大学農学部獣医学科を卒業後、武田薬品工業を経て予防医学を研究。その後、関西一円のバイオプロジェクトの事務局業務に携わるなど活躍。アメリカのドッグ専門誌The Whole Dog Journalとスーパープレミアムフード「back to basics」に出会い、以来「ペットの栄養学と予防医療」に始まり「最新のガン免疫細胞療法」の研究開発まで幅広く獣医学の発展に取り組む。