お悩み別レメディの選び方 猫編

「ペットのホリスティックケア」って知っていますか?
わたしたちと同じように、ペットもさまざまなストレスや問題を抱えています。
それらを解決へ導くサポートとなる「ペットのホリスティックケア」のなかで、このコラムでは「バッチフラワーレメディ」をご紹介します。
猫は、マイペースといったイメージが強いですが、とても繊細で、環境の影響を受けやすい動物です。
特に、多頭飼いで他の猫との折り合いが悪い、保護をした猫が心を開いてくれないというような、環境にまつわる相談が多くあります。
そういった場合に、フラワーレメディは、優しく働きかけます。
猫はとても敏感なだけに、フラワーレメディの効果が表れるのも早いです。
それでは、具体的なお悩み(行動、性格、シチュエーションなど)から、どんなレメディが相応しいかをご紹介します。
今回は、猫編をお送りします。
元気な猫ちゃん
<行動から選ぶ>
  • 他の猫や人に対して、威嚇したり、噛む場合 「ホリー」
    怒りっぽい子のためのレメディです。使用後は、穏やかな気持ちを取り戻し、攻撃性が和らぎます。
  • 多頭飼いの攻撃、仲間割れに 「ビーチ」
    嫌悪感に対するレメディです。苦手意識を和らげ、周囲に寛容になります。
    ※多頭飼いの問題の場合、ホリーと合わせてお使いになることをおすすめします。
  • 人や他の猫を怖がったり、敏感に反応する場合 「ミムラス」
    恐怖に対するNO.1レメディです。あらゆる恐怖から開放され、落ち着いて堂々としていられるようになります。
  • 飼い主さんと片時も離れられず、お留守番ができない場合 「チコリー」
    無条件の愛を呼び覚ますレメディです。今与えられている愛情を十分に感じることができ、淋しさや愛情に対する不安から解放されます。
  • 体の一部を舐め続ける場合 「ホワイトチェストナット」
    ストレスにより、同じ行動をし続けたり、体の毛をむしってしまうような行動です。原因となるストレスを緩和してくれます。
大人しいワンちゃん
<性格から選ぶ>
  • いじめっこ 「バイン」
    テリトリーを守ろうと必死に闘う雄猫や支配性によるスプレー、マーキングが直らない猫に、緊張をリラックスさせてくれます。
  • いじめられっこ 「セントーリー」
    嫌と言えないタイプのためのレメディです。自分の意思をはっきり伝え、周りと対等に付き合えるようになります。
  • 潔癖症 「クラブアップル」
    浄化のためのレメディです。自分の体のトラブルや、些細なことが気にならなくなります。心と体から不必要なものが浄化されます。 自分の身体を必要以上に気にしたり、トイレがきれいでないとおしっこをしないような犬に有効です。
  • なつかない、心を開かない子 「ウォーターバイオレット」
    心が硬い殻で覆われているような猫が人や他の猫に心を開き、打ち解けて接することができるようになります。
<シチュエーションから選ぶ>
  • 家にやってきた時、引越しなどの環境の変化に・・・ 「ウォルナット」
    変化の時のレメディです。変化を受け入れ、新しい環境に適応しやすくなります。
  • 元気がないとき 「オリーブ」
    心身ともに疲労困憊している時に体力の回復を助けてくれます。
  • 病院やトリミングに行く時の緊張、恐怖心に・・・ 「レスキューレメディ」
    緊急用のレメディです。落ち着きを取り戻すために、5種類のレメディがミックスされています。
    ※レスキューレメディは、あらゆる場面で緊張の緩和に役立ちます。
    特記していない部分でも、上記に挙げたレメディに合わせてお使いになることをおすすめします。
元気なワンちゃん
この他にも、たくさんのレメディがあります。
次回は、練習問題をお送りします。
ライン
コラムニスト紹介
古川祥子 吉川祥子
【株式会社
オーラム代表】
1級愛玩動物飼養管理士、Dr.E.Bac、アニマルコミュニケーションを取り入れ、動物と飼い主の心のケアを行っている。 カニンヘンダックスフンドのハニーと、猫のミーコh財団公認プラクティショナー、日本メンタルヘルス協会心理カウンセラー。 心理カウンセリング、バッチフラワーレメディと暮らす。
>>ペットカウンセリング☆レスキューナインはこちら
一覧に戻る